肌を整える働きがある成分が入っているかポイント

年齢を重ねるにつれ現れる肌の乾燥や、シワ・たるみにシミ・くすみといったトラブル、50代ともなると顕著になります。

50代と言う年代はスキンケアで使用する基礎化粧品によって、肌の状態が大きく変わると言われています。

加齢に負けない若々しい肌をキープするためにも、50代に合った基礎化粧品を選ぶようにしましょう。

基礎化粧品の中でも特に重要なのが「化粧水」です。

50代が使う化粧水の選び方として、保湿成分のチェックは必要不可欠です。

スキンケアでは保湿が基本となりますが、肌の水分量は加齢と共に低下してしまいます。


特に50代の肌は肌の水分量と油分量が少なくなりがちです。

乾燥による小じわが目立ちやすくなり、保湿ケアをしっかり行っていないと、一気に肌年齢は老けてしまいます。

また、保湿が不十分な肌は老けやすいというだけでなく、肌のバリア機能が低下しやすい状態です。

バリア機能が低くなると少しの刺激でも肌が赤くなったり、湿疹や痒みが出る敏感肌になりやすいので注意が必要です。

さらに紫外線などの外敵刺激も受けやすくなり、シミも出来やすくなってしまいます。


健康的な肌をキープするためにも化粧水で、十分に潤いを与えることが大切です。

化粧水に配合される保湿成分には色々な種類がありますが、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸といった成分は、特に保湿効果に優れています。

化粧水を購入する際は、このような保湿成分が入っているかをチェックして選びましょう。


また、50代からの化粧水の選び方として、肌を整える働きがある成分が入っているかも押さえておきたいポイントです。

整肌成分と言われる成分は肌のキメを整え、美しい肌をキープする働きが期待できます。

ビタミンC誘導体・レチノール・ナイアシンといった成分が、整肌成分に当てはまります。

保湿成分だけでなく、この整肌成分が配合されているかもチェックして、化粧水を選ぶと良いでしょう。


保湿成分・整肌成分と入っていて嬉しい成分を紹介しましたが、50代が使用する化粧水にはできるだけ配合していて欲しくない成分もあります。

アルコールは入っていない方が良い成分です。

アルコール配合の化粧水はサラッとした使い心地で人気ですが、蒸発する際に肌の水分も一緒に奪ってしまいます。

乾燥しやすい50代の肌に、アルコールは向いていない成分と言えるでしょう。

また、肌への刺激になりやすい合成着色料や香料といった成分を、配合していない無添加化粧水も50代にはおすすめです。


ランキング

このページの先頭へ